ベランダの補修と防水塗装

我が家は築14年にもなり、そろそろ(遅いぐらいかな)補修工事をDIYしようと思いました。(大袈裟ですねー
家の屋根や外壁は足場を組まないとできないので、これは業者さんに頼むしかなさそうですね。
自分でできそうなベランダか外の塀の補修が対象ですね。
そこでまずは、ベランダの補修を行います。

画像準備する道具は、
・刷毛
・ローラー
・ローラーバケット
・養生テープ
・軍手
・ヘラ
・ロープ?
・シーリング剤
・コーキングガン
・塗料(東日本塗料の防滑防水フローン01[5平米分セット]をチョイス)画像
など。








手順は、
1.ベランダの掃除および置物の撤去
画像  ベランダに置いてあるものは全て撤去しますが、撤去できない?エアコンの室外機があります。これは、ベランダの角に脚立を寝かせロープで室外機を吊るします。(写真のように)
  床に置物がなくなったら掃除をしましょう。ゴミを取り除き、デッキブラシなどで良くこすり洗い、綺麗にします。(高圧洗浄機があると便利です)




2.床のひび割れ処理
画像  ひび割れている箇所にコーキングガンでシーリング剤を充填します。充填する前に、シーリング剤の密着が良くなるようにプライマーを塗ってから行います。このひび割れ補修が一番重要な作業ですので妥協せず、仕上がりも違ってきますので念入りに行います。

3.養生処理
  塗料が付いてほしくない部分をテープやビニール等で覆って保護します。

4.下地処理
  塗料の密着を良くする目的でプライマーを塗ります。画像
  フローン01プライマーは原液のまま刷毛、ローラーを使って2回塗装します。

5.中塗り
  防水材を塗ります。
  フローン01は、原液のまま砂骨ローラーにて塗布します。

6.上塗り
  防水層の保護と、美観、防滑等のために、トップコートを塗布します。
  フローン01トップは、水で10~20%希釈して、刷毛、ローラーで2回塗装します。
  防滑タイプなので、雨で濡れても滑りません。

7.完成
  2日がかりの作業ですので天候に一番気を遣いました。雨が降っては台無しですからね。
  初めてとしてはうまくできたのではないでしょうか。大変満足しています。
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック